2022年12月22日

日記「貴重な税金に感謝して!」

2022年12月22日(木曜日) 


日記「貴重な税金に感謝して!」


 昔、「おばあさん落語」で有名だった五代目・古今亭今輔(ここんていいますけ)の口癖に
「いやですね。いやですね、おーいやですね。」があります。

 このところ、ニュースを読む度に私も同じ台詞でぼやいています。

 事業計画には「予算」を立てて、なるべくはみ出さないように実行する、と思っていましたが、オリンピックは全く別のようですね。いくら出費が重なっても「へっちゃら」。お金はどこからでも出てくるのが「日本の予算計画」とは、驚きです! 国民の「血税」というのを忘れてしまったのでしょう。毎年、年度末には、残高がゼロになるように「予算」は使い切ってしまうようです。

 どこかに貯金はあるのでしょうか? 「予算」が膨張して不足が出ても落ち着いていられるのは、どこかに蓄財があるのですね!

 庶民は、そうはいきません! 「予算計画」が崩れたら、家計は成り立たないのです!

 年金でゆとりある老後を過ごしている人はどのくらいいるのでしょう? 相続税対策で、「孫の教育資金は非課税にするから、貯めている預貯金は使いなさい。」と通達されても、自分の老後がしっかり保証されてもいない現状では、難しいことです。

 政治家も納税しているのですから、もっと税金に感謝して「大切に使わせていただきます。」と手を合わせてほしいですね。


 久しぶりに今夜は、古今亭今輔さんの「おばあさん落語」を聞きたくなりました。




posted by 店長 at 00:00| Comment(0) | 日記

2022年12月16日

日記「点字の名刺作りました」

2022年12月16日 (金曜日)


日記「点字の名刺作りました」


 コロナになって、人と会う事が少なくなり、名刺を手渡す事がなくなりました。

 初めて「点字入りの名刺」を作った頃は、まだ私は点字は読めませんので、上下が分からなかったことを思い出します。点字を読めるようになってからは、座・スーパーマーケットの文字を上にしてお渡しすることが誇りでした。

 「これが点字なんですか?」とよく質問されます。点字は、視覚障害者にとって、なくてはならない大切な「こと」ですが、中途障害の方は、高齢になると、指が固くて無理だと思う人が多いようです。私が習っていた教室には、80代の方も参加されていました。

 日本点字図書館にも、点字の名刺を受け付ける部署がありますので、ご自分の名刺を印象的な物にしたい方は、ぜひお勧めします。

 今度の名刺には、裏面に、ブログのアドレスを印刷しました。今回、300枚作りました。

 来年一年間にどのくらい名刺をお渡し出来るでしょう?


 新しい名刺を触りながら、来年への意欲は燃えています。



posted by 店長 at 00:00| Comment(0) | 日記

2022年12月14日

日記「久しぶりのコンサートでした」

2022年12月14日(水曜日)

日記「久しぶりのコンサートでした♬」

 3年ぶりの「クリスマスツリークリスマスコンサートクリスマスツリー」に、準備するスタッフも朝からウキウキワクワクです。

 受付でお客様をお迎えする事が出来る喜びに、心が躍ります。
「久しぶり〜」「お声をかけて下さって嬉しかった〜」等々と、皆さんも3年ぶりの再会が嬉しそうです。

 以前はぎっしりの会場でしたが、今回はコロナ感染予防で人数制限を守り、ゆったりと座席の間隔を取りました。

 演奏は「デュオ・ロスマリン」のお二人です。ヴァイオリンとヴィオラのアンサンブル。
ヴァイオリンは神野優子さん、ヴィオラは宮林陽子さんです。コロナ以前には、何度か演奏をしていただいたお二人です。なんと、誕生日が同じ姉妹・・・。

 クラシックから映画音楽、シャンソン、日本の童謡メドレーまでたっぷりと1時間15分、生演奏に皆さん感動した時間でした。

 コンサートの余韻を残しながら、またお会いする事を約束してお見送りしました。「亡き母の好きだった曲が流れて涙・涙だったわ」と感想を残して下さって、企画者としても和やかな場を作れた事に満足しました。


素敵な演奏をしていただいたデュオ・ロスマリンのお二人に感謝です。参加された皆様とまたお会い出来るのを願いながら、「座・スーパーマーケットのクリスマスコンサート」は終わりました。


posted by 店長 at 00:00| Comment(0) | 日記