2022年07月06日

日記「冬の歌10曲」

がまだし店長のすってんころりん日記

♪  冬の歌10曲  ♪

 蛇口をひねるとぬるま湯が出て来ます。この瞬間「東京から逃げ出したい」と思う私です。

 温度が低くなるまで水をジャージャー流すのはもったいないので、温水器だと思って使っています。井戸水を使っている人が16度の手がしびれるような冷たさと話していたのを、羨ましく妬ましく思いました。

 夏こそ冬の歌を歌ってみましょう。

「北風吹きぬく寒い朝も・・・」

「雪の白樺並木 夕日が映える・・・」

「灯近く衣絹縫う母は」

「雪が降って来た ほんの少しだけど、私の胸の中に積もりそうな雪だった・・・」

 やたらに寒い歌がいいですね。ぬるいお湯のような水を「温かい」と感謝して使えるようになるかも知れません。

 暑い熱いと口にすればするほど体がだらっとしてきますが、寒い冷たいを連発すると、不思議な事ですが、体が半年前を思い出してくれるのです。

 暑いお風呂に入った後は、ぬるい水でも冷たく感じてすっきりします。

 色々試して猛暑を乗り切りましょう!!

2022年7月6日(水曜日)
posted by 店長 at 00:00| Comment(0) | 日記