2022年05月19日

日記「京都便り その1」


がまだし店長のすってんころりん日記


♪ 京都便り その1 ♪

 京都は見て楽しむ所。
 見えている時と見えなくなってからとでは随分隔たりがあるように感じます。

 録音テープや点字のデータで探した本を事前に読むくらいしか出来ませんが、人との出会いだけは、運が良ければ生まれるんですね。

「京都の味」色々読んでみて、今回は、京都のうどん屋に行きました。そして、京都では、親子丼に必ず山椒をかけるというのが常識だと知り、「本当かな?」と店の暖簾をくぐりました。

 まずは、本で紹介の「いち押し店」です。京都駅の近くで50年以上も続けている店舗でやや歴史のある店に入りました。
私の白杖を見て、店主がテーブルの場所や座りやすい椅子を丁寧に京都弁でやさしく教えて下さり、初めてなのに、懐かしささえ覚えてしまいました。京都の客を迎える言葉はこちらの緊張を溶かしてくれますね。

 さて、お味ですが、店主は、「店の人気は、親子丼より他人丼」と勧められて、うどんと丼をひとつずつ取って、分け合っていただきました。京都のうどんは、博多のうどんと一緒で、柔らかくて腰砕けタイプ、さぬきうどんがお好みの方にはどうでしょうか。

 私は「うどん」で京都が一段株を上げたように思います。そして、噂の通り、丼に「山椒」でした。うどんにもいいそうです。

 「京都編」は、また続きます。


                2022年5月19日(木曜日) 


posted by 店長 at 00:00| Comment(0) | 日記