2022年02月13日

日記「一人の外出について その3」

がまだし店長のすってんころりん日記


♪  一人の外出について その3  ♪

 昔は夜行寝台に乗っても、乗客同士が挨拶代わりのお喋りをしたものですが、今の乗り物は「隣は何をする人ぞ」で、男性か女性かも分かりません。こちらから相手に声を出してもらうように小さな「わな」をしかけるのです。
その声を聞いて、性別や年齢を私は想像してほっとしています。

 忘れられない出会いも一人旅ならではでしょう。 同行者がいると、他の人と出会う事はありません。
このブログで思い出に残るいくつかの出会いを綴ってみようと思っていますが、まずは、心の準備にどんなことがあっても、冷静に対応が出来るように日頃から考えておくことも必要です。

 こんなことがありました。

 地下鉄で「電車が止まるので、乗り換えて下さい」とのアナウンスに、乗客はさっと立ち上がってホームに降りてしまおうとしている瞬間、私はとっさに声を出しました。 「どなたか私をホームの駅員さんに連れて行って下さい」 こちらは必死です。もしも、誰もいなくなったら、一人では動けなくなるのですから。

 幸い、男性が私と一緒にホームに降りて下さいました。親切な方で、私を次に乗る列車まで案内すると聞かないのです。 駅員さんに案内してもらわないと、次の電車の降車駅に連絡が取れない事を説明して、やっと、事情を分かってもらいました。 そして駅員さんまで、私に同行して下さいました。

どういう時でも、自分の要求はきちんと相手に伝える事がとても大切だと思います。

2022年2月13日(日曜日)
posted by 店長 at 00:00| Comment(0) | 日記