2022年02月06日

日記「マイお箸の勧め}


がまだし店長のすってんころりん日記



 マイお箸の勧め 



 不器用な私がいつもやらかす失敗は、駅弁を開けていざ「食べよう!」と、割りばしを割った時です。「あーまたやっちゃった!」


 使い捨ての「お箸」にまで心配りをしている「お弁当屋さん」はいないのでしょう。「中のおかずは、いく種類も入っていて立派なのに、どうしてお箸をもっと大切にしないのだろう?」 と思っていました。


 ところが、曳舟駅の近くにありました! 「大黒屋箸」です。

店主は、元デザイナーで、箸の削り方を工夫されているのです。私が感服したのは、箸の使い手(客)が実際に自分の手で、指で箸を動かして、使い勝手の良い物を見つけて欲しいという言葉です。


 和食では、必ず「お箸」を使いますが、料理を口に運ぶ「架け橋!」だそうです。本当に言われる通りです。普通「お箸」はパッキングされて値段シールが貼ってありますが、それは、自分で動かして試していないので、手に合った箸とは言えません。


 「お箸」が大切な物だと知ると、日本の料理とのつながりにも気付くようになってきます。
食後の洗い物でも、箸をまとめて洗うようなことはしなくなります。一膳づつ丁寧に洗って自然乾燥をしてからしまいます。心に残る店主の言葉です。


 フランス料理の時には、ナイフ、フォーク、スプーン、と、料理に合わせて使い分けをしますが、日本食はどうでしょう? 豆腐も刺身も煮物も「同じ箸」を使います。食事に行くと、どうしても「お箸」が気になりますが、中にはこだわって食事に合った「お箸」が出てくると嬉しくなります。



 ワンランクうえの「お箸」を美しい布に包んで持ち歩くのは、私の小さな「心意気」かしら?



2月5日(土)


posted by 店長 at 11:35| Comment(0) | 日記

2022年02月02日

日記「一人の外出について その1」

がまだし店長のすってんころりん日記


♪ 一人の外出について その1 ♪


 最寄りの駅からリレー式に乗りついで、東京駅まで行くと、介助を必要とする乗客の為の特別待合室がある。私はこれを「貴賓室」と呼ぶ。 JR東海を利用する時だけ使える。 

 JR東日本の時は待合室は一般と同じのを利用することになっている。 車椅子の方も一緒に待っている部屋には、自動販売機も設置してあり、係員が一人、私たちの対応に当たってくれるので、これは大いに助かる。単独で列車を待つ時間は、駅員とは一旦離れて、一人で待合室の椅子で時間が来るまで待つのだが、その間、トイレに行きたくなったり、飲み物が欲しくなったりしても誰も対応してくれない。 
その点、JR東海の特別待合室は安心して待つことが出来るのだ。

 いつも順調ではない一人旅だが、トラブルがあると、そこは強く印象に残る。

一人で長距離の移動を始めてから、もう20年、随分と様変わりをしてきた。 まずは、駅の職員の対応がどこも親切になって、安心感が増した。 今まで失敗を繰り返しながら、私も慣れていったと思う。

「失敗は新たな学習の扉を開く」この気持ちを大切にしたいと思う。

2022年2月2日(水曜日)
posted by 店長 at 00:00| Comment(0) | 日記