2022年02月15日

日記「一人の外出について その4」

がまだし店長のすってんころりん日記

♪  一人の外出について その4  ♪

 初めて行く場所は、到着駅まで何分くらいかは調べておくでしょうが、到着駅の三つ前の駅名から教えてもらっておくと、安心感が違います。

 そして、30分以上時間がかかる時には、居眠り防止をしたほうがいいでしょう。
私は、時計のタイマーを利用します。50分かかる時には、40分にアラームが鳴るようにします。

 車内が温かい時期はご用心です。
これも、一度だけウトウトしていて、はっと気づいた時には、降りるはずのドアが閉まってしまった苦い経験から考えた事です。
あの時は、駅員さん達にご迷惑をかけて申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 どうしても眠たくなった時には、座るのをやめて、立つことにしています。

 駅員さんも様々です。座席に案内してくれる人もあれば、車内に入ったら、すぐ出てしまう人もいます。

 つり皮に掴まっていると、前の座席には誰もいないような気がするのですが、確かめようもありません。左右には人がいたようなので、誰かが「空いていますよ」と教えてくれたらとぶつぶつ言っていました。

 座席を譲っていただかなくても、もし、空席がある時には、声をかけて欲しいですね。

2022年2月15日(火曜日)
posted by 店長 at 00:00| Comment(0) | 日記

2022年02月13日

日記「一人の外出について その3」

がまだし店長のすってんころりん日記


♪  一人の外出について その3  ♪

 昔は夜行寝台に乗っても、乗客同士が挨拶代わりのお喋りをしたものですが、今の乗り物は「隣は何をする人ぞ」で、男性か女性かも分かりません。こちらから相手に声を出してもらうように小さな「わな」をしかけるのです。
その声を聞いて、性別や年齢を私は想像してほっとしています。

 忘れられない出会いも一人旅ならではでしょう。 同行者がいると、他の人と出会う事はありません。
このブログで思い出に残るいくつかの出会いを綴ってみようと思っていますが、まずは、心の準備にどんなことがあっても、冷静に対応が出来るように日頃から考えておくことも必要です。

 こんなことがありました。

 地下鉄で「電車が止まるので、乗り換えて下さい」とのアナウンスに、乗客はさっと立ち上がってホームに降りてしまおうとしている瞬間、私はとっさに声を出しました。 「どなたか私をホームの駅員さんに連れて行って下さい」 こちらは必死です。もしも、誰もいなくなったら、一人では動けなくなるのですから。

 幸い、男性が私と一緒にホームに降りて下さいました。親切な方で、私を次に乗る列車まで案内すると聞かないのです。 駅員さんに案内してもらわないと、次の電車の降車駅に連絡が取れない事を説明して、やっと、事情を分かってもらいました。 そして駅員さんまで、私に同行して下さいました。

どういう時でも、自分の要求はきちんと相手に伝える事がとても大切だと思います。

2022年2月13日(日曜日)
posted by 店長 at 00:00| Comment(0) | 日記

2022年02月10日

日記「一人の外出について その2」

がまだし店長のすってんころりん日記

♪  一人の外出について その2  ♪

 出かける前の準備を前日までに終わらせておくこと、忘れやすい物は、前もってメモしておく。化粧ポーチに爪切り、小さなハサミを入れておくと安心です。

 夏でも冬でも使い捨てカイロは必ず持参するようにしている。「どうして夏?」とよく「夏にもカイロが必要なんですか?」 夏の新幹線の車内は冷房が効いているのです。見えないと、座席を簡単に移動するのが出来ないので、覚悟して、カイロの上に座って冷えから体を守ります。

 これは、コンサートホールもクーラーが効きすぎている時がありますので、必ず持参する事にしています。

 行く先で人に会う事が多くて、お土産をどうしようかと思った時は、ホテルに前日に送っておくのが便利です。 帰りには、その段ボールに、荷物を詰めたり、お土産を入れたりして自宅に送ります。 前もって、宅配便の送付状には自分の住所を書いておくのが便利です。

 一人の旅は、初めてのホテルに宿泊することになってしまうので、ホテルのスタッフに、部屋のそれぞれの位置を教えてもらい、洗面所のシャンプーやリンス類も教えてもらいます。

 失敗の中に、ごみ箱を探し回ったことがありました。私のイメージでは、テレビや机の下にあると思っていたのですが、見つからず、とうとうレジ袋にまとめておきました。
朝、ベッドから起きた時、足に当たる物があるので、触ってみると、それが細長いごみ箱でした。思わず言いました。
「これじゃ分かる訳ないじゃない」。

 それから、ごみ箱も事前に聞いておくことにしました。失敗する度に賢くなるんです。

2022年2月10日(木曜日)

posted by 店長 at 00:00| Comment(0) | 日記