2021年10月28日

期日前投票に行きました

♪期日前投票に行きました♪ 

 今朝、投票に行きました。毎度「点字投票です」と言うと、何故か係の人は緊張するらしいです。「はい、お待ち下さい」と言われて受付で待つこと15分、私は「自分で点字盤は持参しましたから」と伝えているのに、係の人は耳に入らないようで、今回も役所内を探し回ったようです。やっと私の所に来た係の人が言いました。「こちらで書いて下さい」私は言いました「こちらと言われてもどちらか分かりませんので、介助をお願いします」それで、やっと係の男性は理解したようです。  

 点字投票が出来たのは10年前でした。まだ私は点字教室に通っていたのですが、候補者の名前を練習して区役所に行ったのを今でもはっきり覚えています。あれから10年も経っているのに、相変わらずの緊張感を与えてしまっている私の存在、視覚障害者が投票にきて、点字投票と言われただけで、皆さんのあたふたする雰囲気が分かります。その場の空気を肌で読むのは、見えない人の特技なんです。
 やっと点字で候補者の名前を打って用紙を折り曲げていると、係の男性が投票箱の前に連れて行ってくれました・・・ところが、彼は、投入口をやたらに大きな音を響かせて叩いてくれたのです。「私は見えませんが、耳はいたっていいので、そんなにけたたましく叩かないで」と独り言。 今までの係の人の中では一番下位でしたよ。

 誰でも、いきなり、見えない人を介助(仕事の上でも)するような時には、どうしたらいいのかどぎまぎすることでしょう。そういう時に「どうしたらいいですか?」と何故聞いて下さらないのでしょうね。ほんのちょっとしたことなんですが、それが役所の人というのが残念です。 

 叩いて伝えるのはスマートではないってご存じですか?必死で教えている方より、教えてもらう立場の人にとっては、意外にいやなものです。例えば椅子を教える時、ほとんどの人が「ここです。ここです」と椅子の座面を叩いて見せます。何もない場所に椅子が一脚置いてあるのでしたら、椅子の形をちょっと言葉で伝えていただきたいですね。
 例えば「背もたれがあります。肘掛けがあります」というように。私は、いつもテーブルがある時には、まず、テーブルの位置を知らせてもらい、その前に椅子がありますと伝えてもらえると安心します。まずはテーブルを触ってから椅子の位置や形を自分で確かめて座るからです。
 見えている人には不思議な事をするのだなと思われますが、椅子に座るというのは、とても危険なのです。椅子の大きさ、高さ、木製なのか布張りなのか、充分に気を付ける習慣が経験を重ね身についたのでしょう。 

 見えている時の自分と今の自分を比べてみると、今の方が慎重で用心深くなったと思います。全身全霊を使って危険を感知しながら暮らしているのですから、晴眼者の何倍も疲れてしまうようです。

 
 最後に、分からない時にはどういう介助をすればいいのかを素直に聞いてみて下さい。そして、見えなくて困っている人には、勇気を持って声をかけましょう!


10月27日
posted by 店長 at 11:21| Comment(0) | 日記